「誕生月」をきっかけに、再訪数および売上高アップ

お知らせを好意的に受け取っていただける「誕生日」をきっかけにした、クーポン施策を実施。「再訪率」を大幅にあげることに成功した食品ストアさまの事例をご紹介致します。

2016年11月29日

一度自ストアで購入いただいたお客さま向けに、「再訪を促すきっかけ」を作りたいと考えているストアさまも多いのではないでしょうか。当たり前のことですが、ストアの売上は、「新規」と「既存」のお客さまによってつくられます。それぞれのストアさまでその割合は異なりますが、新規のお客さまを獲得するコストは、一般的に既存のお客さまを維持するコストの5倍、と言われています。

新規獲得ももちろん大切ですが、継続的に売上をつくるためには、「既存のお客さまとの関係性を強化する」ことが重要になります。

01-02

一方的なストアからの広告やお知らせではなく、お客さまの「誕生日」をきっかけにクーポンを発行しご連絡をすることで、「再訪率」をあげられた食品ストアさまの事例をご紹介致します。

課題

・店舗のお客さま(以前、自ストアで購入されたことのある方)向けに、再来店を促す施策を実施したい
・押し付けの広告やメルマガなどではなく、受け取られたお客さまが気持ちよくストアに再訪してくださるきっかけにしたい
・手間をかけずに、簡単に実施したい

実施した内容

・3,000円以上の購入で利用できる、10%OFFのクーポンを発行
・購入時の下限金額は、自ストアでの売れ筋商品の単価から決定

上記特典の対象となる、当月誕生日をむかえられるお客さまの抽出はSTORE’s R∞側で自動で抽出されます。パースデークーポンの使い方による、「来訪者の増加率」と「取扱高のアップ率」を確認しました。

実施した結果

実施から3週間という短期間のうちに、約100名のお客さまが再訪という結果になりました。1ヶ月で換算すると150名の方にご利用いただける試算になります。

「購入意欲の高いタイミングを知る」「買ってくれそうなタイミングを探る」「サイトから離れていきそうな(離反しそうな)兆候をつかむ」「お客さまのほしい・興味があるものを把握する」ことが、再訪客を増やす上では重要な取り組みとなります。「誕生日」という、購入意欲のあがるタイミングをきっかけに、「店舗への再訪」をうながすキャンペーンを実施した事例です。

クーポン発行は、設定画面から条件を追加していくだけで実施できます。こちらの出店者さまでは、お誕生日をフックにしたクーポンを継続的に発行し、既存のお客さまとの関係強化に向けて取り組みを始められました。

STORE’S R∞での設定方法

1.キャンペーンを新規で設定します。STORE’s R∞トップページ右にあるメニューから、「キャンペーンの新規登録」を選択します。

キャンペーンの設定

2.次に表示される「キャンペーン作成・編集」の画面で、「キャンペーンの目的を選ぶ」から「オススメ」を選択します。

stores_01

3.次の項目「具体的な施策」で、「バースデー対象者限定」を選択します。配信対象者は、当月誕生日のお客さまに自動で設定されています。

バースデー対象者

4.次の項目「アクションを設定する」にある「クーポンを発行する」を選択し、STORE’s R∞上でクーポンを発行すれば準備は完了です。

stores_03

5.「配信予約(クーポン発行)」ボタンをクリックすると、配信日時にクーポンが配信されます。クーポンは、カート下等、サイトを訪れるお客さまの目にとまりやすい位置に表示されます。

stores_04

この設定では、ABテストも実施することができます。詳細は、別記事「便利になった、「3つの特徴」」からご確認ください。