他社事例を知りたい方にオススメ:STORE's R∞活用 成功事例集が公開されました。

顧客ランクとは

STORE’s R∞では、3つの判定基準をもちいて、お客様を最大9つの「顧客ランク」に分類できます(ランク外を含めた場合10ランク)。
判定は、お客様の購買金額(Monetary)・購買回数(Frequency)・購買間隔(Recency)の情報を複合的に組み合わせ、出店者様の任意で設定できます。変更したい場合は、ランク設定をご確認ください。
お客様を顧客ランクに分類することで、ストアにとってどのお客様が優良顧客なのか把握でき、それぞれのランクに対して効果的なアプローチが実施できます。
※Yahoo!プレミアム会員のランクとは異なるランクです。
※購買金額のデータは必須ですが、それ以外のデータは任意で組み合わせることが可能です。

STORE’s R∞における、ランク判定の3つの基準
図:STORE's R∞における、ランク判定の3つの基準
顧客ランクの算出方法
現在からさかのぼって、離反期間を含む過去の購買金額・購買回数・購買間隔のデータによってランク付けします。
※ ログイン後、貴ストアで購買したことがあるお客様が、計算対象です。未ログインユーザーは、計算対象外です。
※ 顧客ランク保持者(S, A, B, C, Dなど)はランク外(ランクがつかないユーザ)も含む。