他社事例を知りたい方にオススメ:STORE's R∞活用 成功事例集が公開されました。

一括定期キャンペーンの編集

ここでは「一括定期キャンペーン管理」ページでできる一括定期キャンペーンのクーポン設定変更、終了日の設定変更、終了日を過ぎた場合の再開の手順をご紹介します。

一括定期キャンペーンの定期発行を停止する手順は一括定期キャンペーンの停止、再開をご確認ください。

一括定期キャンペーンのクーポン設定を変更する

「一括定期キャンペーン管理」ページを開き、クーポンの設定を変更したい施策の設定変更欄のアイコンボタンをクリックします。クーポンの設定を変更したら、「この条件で設定する」ボタンをクリックします。

※クーポンの設定を変更すると、次回発行分以降(「一括定期キャンペーン管理」画面の次回自動発行日に表示されている日付で発行されるもの以降)のクーポンに反映されます。自動発行済みの通常キャンペーン(現在配信中もしくは配信前のステータスのもの)には適応されませんのでご注意ください。

一括定期キャンペーン管理画面
クーポン設定変更

一括定期キャンペーンの終了日を変更する

一括定期キャンペーンでは、全体で一つ共通の終了日を設定できます。終了日を過ぎると、通常キャンペーンが自動発行されなくなります。
「一括定期キャンペーン管理」画面を開き、終了日のところにある「変更」ボタンをクリックします。終了日の設定を変更したら、「設定する」ボタンをクリックします。

※一括定期キャンペーンの終了日を待たずに自動発行を停止したいときは、一括定期キャンペーンの停止、再開の手順をご確認ください。

一括定期キャンペーン管理画面
終了日変更

一括定期キャンペーンの終了日を変更して自動発行を再開する

一括定期キャンペーンで設定した終了日を過ぎると、全ての一括定期キャンペーンの自動発行が終了します。自動発行を再開するには、「一括定期キャンペーン管理」画面を開き、「再開」ボタンをクリックします。終了日の設定を変更したら、「設定する」ボタンをクリックします。
5のつく日&ぞろ目の日が配信日になるキャンペーンでは、最短の配信日(ただし、登録日が配信日当日、前日、前々日の場合は次の配信日)から、それ以外のキャンペーンは再開した日の3日後から配信が再開します。

※終了日を変更して自動発行の再開ができるのは、終了日を迎える前に「継続中」のステータスになっていたキャンペーンです。終了日を迎える前にステータスが「停止中」となっていたキャンペーンは、キャンペーン停止のアイコンボタンをクリックして自動発行を再開することで、通常キャンペーンの自動発行を再開することができます。

一括定期キャンペーン管理画面
終了日変更