他社事例を知りたい方にオススメ:STORE's R∞活用 成功事例集が公開されました。

タイムセール定期キャンペーンの停止、再開

ここでは「タイムセール定期キャンペーン管理」画面でできる、タイムセール定期キャンペーンの自動発行停止と再開の手順をご紹介します。
タイムセール定期キャンペーンのクーポン設定の変更、終了日の変更、終了日を過ぎた場合の自動発行再開の手順は、タイムセール定期キャンペーンの編集をご確認ください。

終了日前にタイムセール定期キャンペーンの自動発行を停止する

「タイムセール定期キャンペーン管理」画面を開き、キャンペーン停止欄のアイコンボタンをクリックします。停止すると、ステータスの表示が停止中に切り替わります。
※自動発行を停止すると、次回発行以降の自動発行はされなくなります。ただし、すでに発行済みのキャンペーンがある場合、こちらの配信は停止されません。

タイムセール定期キャンペーン管理画面
タイムセール定期キャンペーンの停止

停止したタイムセール定期キャンペーンの自動発行を再開する

キャンペーン停止より自動発行を停止したタイムセール定期キャンペーンは、自動発行を再開することができます。停止すると、ステータスの表示が停止中に切り替わります。「タイムセール定期キャンペーン管理」画面を開き、キャンペーン停止欄のアイコンボタンをクリックします。再開すると、ステータスの表示が継続中に切り替わります。

タイムセール定期キャンペーン管理画面
タイムセール定期キャンペーンの再開

注意事項

・Yahoo!ショッピング主催タイムセールの登録期間中に自動発行を再開した場合、再開後最短で1時間ほどでキャンペーンが自動発行されます。
ただし、登録期間の終了時刻2時間前に再開した場合は、登録受付中の開催日のキャンペーンは自動発行されません。次の登録期間の開始とともにキャンペーンが自動発行されます。登録受付中の開催日のキャンペーンは、、Yahoo!ショッピング主催タイムセールの登録に従って、個別にキャンペーンを登録してください。

登録期間終了時刻2時間前を過ぎた状態でタイムセール定期キャンペーンの自動発行を再開しようとすると、下記のように表示されます。

登録期間終了時刻2時間前を過ぎた状態の表示