他社事例を知りたい方にオススメ:STORE's R∞活用 成功事例集が公開されました。

変更履歴の見方

右メニュー
変更履歴画面

①絞り込み機能

種別、ID:キャンペーン名、履歴区分、期間で絞り込み表示することができます。


②種別

キャンペーンの種別を表示します。通常キャンペーン登録より登録したものは「通常キャンペーン」、一括定期キャンペーンより登録したものは「定期キャンペーン」、タイムセール定期キャンペーンより登録したものは「タイムセール定期キャンペーン」、優先順位の変更により登録されたものは「優先順位」の種別が振られます。


③ID:キャンペーン名

キャンペーンのIDとキャンペーン名を表示します。


④履歴区分

変更履歴の区分を表示します。新規作成の場合は「新規」、登録済みのキャンペーンの変更や優先順位変更の場合は「更新」、登録済みキャンペーンの削除は「削除」と表示されます。


⑤変更日時

操作を行った日時を表示します。


⑥Yahoo!JAPANビジネスID

操作を行ったアカウントのYahoo!JAPANビジネスIDを表示します。右メニュー上のストア名下に表示される文字列と一致します。操作した人を特定することができます。


⑦変更概要

履歴区分が「更新」だった場合、変更の概要を表示します。複数の操作を一度に行った場合は、代表1つの変更内容が表示されます。


⑧変更詳細

履歴区分が「更新」だった場合、アイコンが表示され、クリックすると変更項目の詳細を表示します。